自分だけのマニュアルを作っておこう!

自分だけのマニュアルを作っておこう!

さて、海外旅行に出発する前にもう一つだけやっておきたいことがあります。

自分だけのマニュアルを作っておく

というものなのですが、「知らない表現のリストを作る」とよく似ています。
しかし、そのリストに+αの情報を載せておくことも大切なんですよ。

たとえば、アメリカでの救急車の電話番号ってご存知ですか?
日本では「119」ですよね。しかしアメリカでは「911」です。

また、もしパスポートを紛失した場合、
すぐに領事館などに問い合わせる必要がありますが、
領事館の連絡先も記載しておきたいところです。

このように、英語以外で必要になりそうな情報を、
あなたのリストの中に入れておくと安心だと思いませんか?

最近では、このような情報も記載しているガイドブックもありますが、
このようなガイドブックには膨大な情報が1冊の中に入っているので、
なかなか自分が欲しい情報を見つけることが難しいんですよ。

特に緊急を要する時にはイライラしてしまいますよね(笑)

もちろん、このようなガイドブックも携帯しておきたいところですが、
ポケットに入るような小さな手帳にも書き入れておくことをオススメします。

なにせ、ガイドブックを入れたカバンそのものが盗まれてしまったら…
カバンの中に入れてあるガイドブックも「お役ゴメン」です。

それでは、実際にどんな情報を書き入れておけば良いのでしょうか?

警察や病院、領事館などの連絡先も重要なのですが…

「日本食レストランや日本人がいるお店」

の連絡先はぜひ書き入れておきましょう!

警察や病院に連絡をしたとしても、
肝心の英語が通じなければ意味がありません。

しかし、現地で働いている日本人の協力があれば心強いものですね。

なので、緊急事態が発生した場合などを想定して、
日本人と連絡が取れる情報を書き入れておいて下さいね。

ちなみに、日本食レストランなどの情報は、
日本で市販されているガイドブックにも記載されていますし、
現地の観光案内所でも知ることが出来ますよ!


PAGE TOP