How can I ~?

How can I ~?
旅行英会話で最も覚えておきたい表現かもしれません。

How can I ~?はどうすれば~できますか?という意味ですが、
じつに多くの場面で使うことが出来る英会話の表現です。

まず、よくあるのが道に迷ったときですね。

Excuse me. How can I get to ~?
(すいません。~にはどう行けば良いですか)

という英語は使えますよ。また、

How can I get to ~ by …?

という表現は、~には…でどうやって行けますかという意味になります。

たとえば、

How can I get to ABC Hotel by bus?
(ABCホテルにはバスでどうやって行けますか)

という英語の出来上がりですね。

また、公衆電話の使い方も日本とは少し違う場合があります。
そんなときには…

Excuse me. How can I use this public phone?
(すいません。この公衆電話はどうやって使うんですか)

と言っておきましょう。

このように、日本とは使い方が違うものはたくさんあります。
そんなときは近くにいる人に聞いてみるもの面白いでしょうね。

しかし、道案内を頼むときは注意が必要かもしれません。
なかにはタクシーの運転手に頼む人がいるようですが、
これだと「乗ります!」と言っているようなものです。

でも誰が安全で誰が危険なのか、これは判断に難しいものです。
なので、一つ安全な方法を紹介しておきましょう。

それはお店の人に聞くという方法です。

近くのコンビニなどのお店の店員さんであれば、
基本的に危険ということはないと思います。

ついでにちょっとした飲み物なども買っておけば一石二鳥ですし、
「お店の店員さんに道を聞く」という方法はオススメですよ!

Review (復習)

それでは、How can I ~?の復習をしておきましょう。

◆道案内を頼むとき
 「Excuse me. How can I get to ~?」
 (すいません。~にはどう行けば良いですか)
  ※お店の店員さんに聞いておくと基本的に安全です。

◆道案内を頼むとき(交通機関を含めて聞くとき)
 「Excuse me. How can I get to ~ by ~?」
 (すいません。~には…でどう行けば良いですか)

◆公衆電話などの使い方を聞くとき
 「Excuse me. How can I use this public phone?」
 (すいません。この公衆電話はどうやって使うんですか)

さて、海外旅行前に覚えておきたい英会話は以上です。
ほかにもたくさんありますが、とくにこの4つは大切です。
ぜひ練習しておいてくださいね!


PAGE TOP