I would like to ~

I would like to ~
こちらも絶対に覚えておきたい英会話の表現ですね。

~したいのですが

という意味ですが、want toより少し丁寧な表現です。
もちろん、want toでも決して失礼ではないのですが、
やはり丁寧な表現の方が相手も気持ちいいですよね?

なので、ここではI would like toの表現を色々と見てみましょう!

まず、

I would like to have this one, please.
(これを頂きたいのですが)

という表現を紹介します。

May I have this one?と似ているようですが、
たしかに意味には大きな違いはありません。
ただし、May I ~より少し丁寧な印象があります。

また、this oneの部分に好きなメニューや商品名を入れることで、
自分が欲しいものを相手に伝えることが出来るんですね。

さらに、

I would like to stay here one more night, please.
(もう一晩、ここに泊まりたいのですが)

という表現は、ホテルの延泊を頼む時に使える表現です。

また、

I would like to sent this to Japan by air.
(これを航空便で日本に送りたいのですが)

という表現は「お土産店」で使える表現ですね。
この表現は使えますよ!お土産店だけでなく、
郵便局でも使うことが出来ます。

旅先から日本へ手紙を書くときも、
切手の値段までは分かりませんよね?

そんな時、職員にこの表現を使えば、
切手を出してくれるのでその値段を支払えば良いわけです。

Review (復習)

それでは、「I would like to ~」を復習しておきましょう。

◆欲しいものを相手に伝えるとき
  「I would like to this one, please.」
 (これを頂きます)
  ※「this one」の部分をメニューや商品名に変えてもOKです。

◆ホテルの延泊を申し出るとき
  「I would like to stay here one more night, please.」
  (もう一晩、ここに泊まりたいのですが)

◆ホテルの予約をしたいとき
  「I would like to reserve a single room tonight?」
  (今晩、シングルルームを予約したいのですが)

◆お土産店にて
  「I would like to sent this to Japan by air.」
  (これを航空便で日本に送りたいのですが)

こんな英会話を旅行の場面によって使い分けることが出来れば、
自分の意思を効果的に相手に伝えることが出来ますよ。

何回も練習して、出発までには使えるようにしておきましょう!


PAGE TOP