病院での診察や治療を受けるには?

病院での診察や治療を受けるには?
海外旅行の途中、病院で診察や治療を受ける時もあります。

日本とは気候も食べ物も違うので、やはり体調を崩してしまいがちなんですね。

軽い症状のものであればホテルで休養するか、薬を飲む程度でOKなのですが、中には深刻な状態になることもあります。

そんな時は、すぐに近くの病院で診察を受けるようにしておきましょう。

病院で診察や治療を受ける時に必要なのが、

「パスポートなどの身分証明書」
「保険加入の証明書」
「辞書(書籍辞書・電子辞書、ともにOK)」

の3つです。

海外旅行に出かける前には保険をかけるのが一般的です。

強制ではありませんが、万が一の事態に備えて加入しておいてくださいね。

保険の加入した時に送付されるのが、「海外保険の加入証明書」です。

この証明書を必ず持参して、受付で見せるようにしておきましょう。

またここで使える英会話の代表例が、「I have ~.」です。

「I have ~」は「~の症状があります」という意味にもなるので、「~」の部分に症状や病名を入れておいてください。

さらに、症状の「程度」を表現するには、
「serious(シリアス)」と「a little」、この2つの形容詞で十分です。

どうしても伝えたいことを英語で言えない場合は、持参した辞書で対処するようにしておきましょう。

Review (復習)

それでは復習です。

◆症状や病名を伝える時に使える表現
「I have ~.」
(~の症状があります)

◆症状の程度を表現する
「serious」(症状が重い)
「a little」(症状が軽い)

海外旅行での病気はできるだけ避けたいところですが、
もしそのような状況になったらすぐに対処しておきましょう!


PAGE TOP