盗難にあった!どうすればいいの?

盗難にあった!どうすればいいの?
「海外旅行でカバンを盗まれた!」

本当によく聞く話ですね。そもそも、日本人は狙われやすいんですよ。

日本は世界的にも安全な国なので、どうしても危険意識が低くなってしまいます。

外国の犯罪者たちもそのことは知っているんですね。

なので、明らかに観光客とわかるアジア人を見つけると、すぐに話しかけてきたりするんですよ。「片言の日本語」で。

その片言の日本語が通じれば、あなたが日本人である証明になります。

つまりあなたが、犯罪者にとって狙いやすい日本人かどうか、それを片言の日本語で試しているんですね。

なので、以下のようなことに注意するようにしてください。

・怪しい人が話しかけてきても無視をする
・人通りが少ない路地や場所になるべく近づかない
・人通りが少ない場所で「地図」を広げない
・相手がついてくるなら人ごみやお店に入る

しかし、どんなに注意していても盗難被害は減りません。

そこでもし盗難被害にあったら、すぐに警察に行ってください。

Hello. My bag was stolen. Would you make a report for it?
(こんにちは。カバンを盗まれたんです。報告書を作成してもらえますか)

このように依頼しておきましょう。

あとは盗まれたものや被害額を書類に記入していき、その証明書の控えをもらうようにしておきます。

I need to report this to my insurance company,
May I have a copy of this report?
(保険会社に連絡する必要があるので、報告書の控えをもらえますか)

盗難被害にあえば、盗まれたものが返ってくることはほとんどありません。

なので、後ほど保険会社に被害を請求できるよう、できるだけ早く報告書の作成を依頼しておくことが重要です。

さらに、盗まれたカバンにパスポートなどの貴重品が入っていれば、早急に領事館に連絡を取って事情を話しておきましょう。

パスポートがなくても、領事館発行の「出国許可証」があれば、予定どおりに帰国することができるためです。(国によって異なる場合があります)

また、近くに日本食レストランや日本人スタッフが働いているお店があれば、事情を話して協力を依頼するようにしておきましょう。

Review (復習)

それでは復習です。

◆被害を警察に報告する
「Hello. My bag was stolen. Would you make a report for it?」
(こんにちは。カバンを盗まれたんです。報告書を作成してもらえますか)

◆保険会社に提出するため、報告書の控えをもらっておく
「I need to report this to my insurance company,May I have a copy of this report?」
(保険会社に連絡する必要があるので、報告書の控えをもらえますか)

とても大切なことなので、ぜひ覚えておいてくださいね。
また、海外旅行に行くときはもう少し危険意識を持つようにしておきましょう!


PAGE TOP