ホテルでお腹がいたくなっちゃった…

ホテルでお腹がいたくなっちゃった…
海外旅行で体の調子が悪くなることもあります。

日本語が通じないので不安ですよね。

とくに、食べ物や水が原因で腹痛を起こす時があります。

そんなときは薬局やホテルの人に相談して、薬をもらうようにしておきましょう。

まず薬局が近くにある場合は、

Hello. I have a little stomach ache. I need medicine for this.
(こんにちは。少し腹痛がするのですが。薬はありますか)

と言っておきましょう。

ちなみに、英語で「薬屋さん」は、
drug store」のほかに「pharmacy」とも訳すことができます。

多少の違いはあるのですが、腹痛用の薬であればどちらでも置いているので、さっさと元気な体を取り戻しましょう!

次にホテルにいるときの腹痛ですが、やはりフロントに連絡して薬を持ってきてもらいます。

そのとき、自分の部屋番号もちゃんと伝えてくださいね。

Hello. This is room ~. I have a little stomach ache.
Would you bring me some medicine?

(こんばんは。こちらは~号室です。腹痛がするのですが、 薬を持ってきてもらえますか)

このように頼んでおけばOKです。

なお、薬を飲んでも腹痛が治まらない場合は、やはり近くの診療所で診てもらった方がよいでしょう。

海外旅行に出かける前に保険に加入していると思いますので、帰国後に診察費用は基本的に全額戻ってきます。

さらに、英語に不安があるときは、現地のツアー会社に連絡して事情を話し、そこの日本人スタッフに協力を求めることもできます。

なお、状態が深刻であれば救急車を呼んでもらうことにしましょう。

Would you call an ambulance for me?
(救急車を読んでもらえますか)

このように言っておけば、救急車を呼んでもらえるはずです。

また、近くにだれもいない場合は自分で救急車を呼ぶ必要がありますが、念のためにその国の救急者の電話番号を手帳に書いておいてくださいね。

Review (復習)

それでは復習です。

◆薬屋さんで腹痛の薬を買う
「Hello. I have a little stomach ache. I need medicine for this.」
(こんにちは。少し腹痛がするのですが。薬はありますか)

◆ホテルのフロントに腹痛の薬をもらう
「Hello. This is room ~. I have a little stomach ache.
Would you bring me some medicine?」
(こんばんは。こちらは~号室です。腹痛がするのですが、薬を持ってきてもらえますか)

◆救急車を呼んでもらう
「Would you call an ambulance for me? 」
(救急車を読んでもらえますか)

海外ではこのような事態はよく起こりますので、
必ず対処する方法を事前に確認しておきましょう。


PAGE TOP