洋服を買ってみる

洋服を買ってみる
海外旅行のショッピング、皆さんはどんなものを買いますか?

お土産もそうですが、やはりブランド物や洋服なんかも良いですね。

しかし、洋服を買うときには様々な英会話が必要になります。

もしそれらの英会話を知らないと…

「せっかく買ったのにサイズが大きすぎた… 試着しておけばよかったな。」
「航空便で日本に送りたかったけど、どう言えばいいのか分からなかった。」

などなど、いろいろと苦労することがあるんですね。

そこで、洋服を買う時に使える英語の表現を少し知っておきましょう!

まず、気に入った洋服を試着したいとき、

Excuse me. May I try this on?
(すいません。これ試着してもいいですか)

と聞いておけばOKです。

また、試着室の場所を聞くときは、

Where is the fitting room?
(試着室はどこですか)

と聞いておいてください。

さらに、気に入った洋服なのにサイズが合わないときは、

Excuse me. Do you have this one in smaller size?
(すいません。これの小さいサイズのものはありますか)

と言ってみましょう。また色違いの洋服が欲しい場合でも、

Excuse me. Do you have this one in red color?
(すいません。これの赤い色の洋服はありますか)

と聞いておけばOKです。

さらにさらに、試着した状態で店員さんの意見を聞くときは、

What do you think of this?
(これ、どう思いますか)

なんて聞いておきましょう。絶対に褒めてくれますよ(笑)

Review (復習)

それでは復習です。

◆試着を頼むとき
「Excuse me. May I try this on?」
(すいません。これ試着してもいいですか)

◆試着室の場所を聞くとき
「Where is the fitting room?」
(試着室はどこですか)

◆同じ洋服の小さいサイズがあるかどうかを聞くとき
「Excuse me. Do you have this one in smaller size?」
(すいません。これの小さいサイズのものはありますか)

◆同じ洋服の色違うがあるかどうかを聞くとき
「Excuse me. Do you have this one in red color?」
(すいません。これの赤い色の洋服はありますか)

◆店員さんに意見を聞いてみる
「What do you think of this?」
(これ、どう思いますか)

こんな感じで、ぜひ洋服のショッピングに挑戦してみましょう!
店員さんとのちょっとしたコミュニケーションも楽しいものですよ。


PAGE TOP