モーニングコールを頼んでみる

モーニングコールを頼んでみる
海外旅行の最も大きな楽しみは観光ですが、朝早くにホテルを出発することもよくあります。

ツアー旅行なら、もしあなたが寝坊したとしても、ガイドさんが部屋まで呼びに来てくれますが、個人での旅行なら自分で早起きする必要がりますね。

私は苦手なんですよね~。早起きが。

なので、ホテルに滞在するときは必ずモーニングコールを設定します。

現在、日本の多くのホテルでは、モーニングコールは部屋で設定することができます。

部屋に設置されている電話を操作して、好きな時間に目覚ましを鳴らすことができるのですが、海外のホテルではフロントに頼むのが一般的です。

しかし…

この部分で英語に悩む方が多いというのです。

Do you have a morning-call service?
(モーニングコールのサービスはありますか)

と、聞く人が多いのですが、フロントの人は「???」といった感じで、どうやらこちらの英語が伝わっていないようです。

それもそのはず。「morning-call」は正しい英語ではないんですよ。

正しくは、

wake-up call

と言います。つまり、

Do you have a wake-up call service?
(モーニングコールのサービスはありますか)

と言うのが正解なんですね。

Review (復習)

それでは復習です。

◆モーニングコールを頼むとき
「Do you have a wake-up call service?」
(モーニングコールのサービスはありますか)

さらに、アラーム付きの時計も持っていった方がよいでしょう。

モーニングコールだけでも十分なのですが、
やはりもう一つくらいあった方が安心ですよね。

ただし、時差があるので設定しなおすことをお忘れなく。


PAGE TOP