貴重品は預けておくこと!

貴重品は預けておくこと!
海外旅行で気をつけたい点はいくつかありますが、ホテル内でもたくさんあるんですね。

日本人観光客がよく遭遇する被害の一つに、

「貴重品の盗難被害」

というものがあります。

高級ホテルではあまりないことなのですが、中級のホテルではよく聞く話です。

「えっ!ホテル内で盗難!?いったい誰が…?」

と思われるかもしれませんが、ホテル盗難を専門(?)にしている窃盗団もいるんですよ。

また、ホテルマンの中に窃盗団がいたという話も聞いたことがあります。

そこで、パスポートなどの貴重品に関しては、フロントに預けておくのが一番安全だといわれています。

もし部屋で盗難被害にあったとしても、ホテル側の責任は100%ではないので積極的に対応してくれません。

しかし、フロントに預けておくと、盗難の責任は100%ホテル側にあるんですね。

なので、貴重品を入れたカバンをフロントに持っていき、

Excuse me. I would like to check my baggage.
(すいません。荷物を預けたいのですが)

と言っておきましょう。

また、フロントに預けるのではなく部屋の金庫に保管するとき、じつは、ここにも気をつけておきたい点があります。

ホテルの金庫は、たいていは「暗証番号式」になっています。

3~4桁の暗証番号を好きに設定して。

それで開閉が可能になるというものなのですが、このような金庫に貴重品を入れておく場合は、
暗証番号のボタンの「全部」に指を触れておきましょう。

というのも、仮に暗証番号を「123」に設定したとします。

つまり、番号を設定するときに「1」と「2」と「3」のボタンを触ります。

しかし、部屋の金庫もピカピカに磨かれています。

ということは、「1」と「2と」「3」の番号だけに、
あなたの指紋がベッタリとついていることになります。

ここで白いパウダーのようなものを使えば、3つの番号が浮き上がってしまうんですね。

こうなると3つの番号を頼りに組み合わせを考えていき、ものの5分もかからずに金庫が開けられてしまうんですよ。

このような盗難被害は決して稀なケースではないので、「よくあること」として警戒しておきましょう。

Review (復習)

それでは復習です。

◆貴重品をフロントに預けるとき
Excuse me. I would like to check my baggage.
(すいません。荷物を預けたいのですが)

パスポートなどの貴重品は、失くしてしまうと大変なことになります。
くれぐれも管理には気を付けてくださいね。


PAGE TOP