小銭を用意しておく

小銭を用意しておく
海外旅行ではクレジットカードを使うのが一般的です。

日本のように現金を大量に持ち歩くのは危険ですし、ツアーなんかでも大量の現金を持ち歩かないよう、言われるはずです。

しかし、だからといって1ドルも持たないのは考え物です。

バスに乗るとき、ちょっとしたものを買うとき、いろんな場面で「小銭」というものが必要になってきます。

また、こんな日本人観光客が多いと聞きます。

「わずか5ドルの買い物なのに、100ドル紙幣を出された」

日本ではよくある光景ですね。

しかし犯罪対策のため、海外ではお店に多くのお釣りは用意されていません。

したがって、これはあなたが考える以上に「失礼」な行為なんですよ。

しかし、わざわざ両替所で小銭を用意してもらうのも不便ですよね。

そこで、こんな方法はいかがでしょうか?

町のお店に入って商品をレジに持っていき、カードを渡して、

I have this one and 10 dollars in cash please.
(これを下さい。あと、10ドルの現金をお願いします)

と言うのです。

つまり、クレジットカードでちょっとした買い物をして、ついでに10ドルの現金をカードから引き出す方法です。

私も海外に行くときはこの方法で小銭を用意するようにしています。

町の銀行でも小銭に両替することが出来ますが、手数料が取られてしまいますしね(ケチ)

Review (復習)

それでは、復習というほどでもありませんが確認しておきましょう。

◆お店にて、カードから小銭を引き出すとき
「I have this one and 10 dollars in cash please.」
(これを下さい。あと、10ドルの現金をお願いします)

意外な裏技かもしれませんが、
海外旅行に慣れている人であれば当然のテクニックです。

ぜひ覚えておきましょう!


PAGE TOP