迷子になっちゃった…

迷子になっちゃった…
海外旅行で迷子になることはよくあります(笑)

ツアーで旅行しているときでも、ウッカリと集団からはぐれてしまい、辺りを見回しながらウロウロしている日本人を見かけますよね(笑)

「観光地に出発する前に観光地図をもらっておく」

ということを前に紹介しました。

この地図を頼りに迷子脱出(?)しても良いのですが、ここでちょっと気をつけたい点があります。

もしあなたが迷子になったら…

その場で地図を広げるより、まずは「人混み」を目指しましょう。

海外は日本ほど安全ではありません。

危機意識が低い日本人は、どうしても犯罪のターゲットになりやすいのです。

とくに、大通りから外れた路地なんかには危険がいっぱいですよ。

そんな所で、いかにも「観光客」という日本人が、地図を見ながらキョロキョロしていると、そりゃあ、私の目には… いやいや、犯罪者の目には「カモ」に映ります。

そこで、迷子になったらすぐに人混みに行って、そこで地図を見るようにしておきましょう。

また、人混みだからって誰にでも道を聞いて良いわけではありません。

水を買うついでに、近くのお店の人に聞いておきましょう。

Excuse me. How can get to ~?
Excuse me. Can you please tell me the way to ~?

このどちらも、

(すいません。~への行き方を教えてください)

という意味になります。

間違っても、Where am I?なんて言わないで下さいね。

(ここはどこ?)みたいな感じで、ちょっと気持ち悪いっス(笑)

Review (復習)

それでは復習してみましょう。

◆道を聞くとき
「Excuse me. How can get to ~?」
「Excuse me. Can you please tell me the way to ~?」

何回も言いますが、

「迷子」→「人混み」→「お店の人の聞く」

100%安全な方法とまでは言えませんが、
迷子になったときにはこの順番で対処するようにしておきましょう!


PAGE TOP