ああっ!荷物がない!さてどうする?

ああっ!荷物がない!さてどうする?
焦りますよね~。待てども自分の荷物が出てこない…

これから楽しい海外旅行の始まりなのに、その出だしでつまづいた感じです。

もちろん、ほっておくわけには行きません。

自分の荷物が出てこない時は、近くの職員に尋ねてみましょう。

まず、目の前の「荷物受取所」が正しいのかどうかを確認します。

これが間違っていたらチョット恥ずかしいですよね。

隣のベルトコンベアーにゆっくりと自分の荷物が…(笑)

なので、

Excuse me. Where is the baggage claim area for this flight?
(すいません。このフライトの荷物受取所はどこですか)

と、聞いておきましょう。

この時に、フライトの搭乗券を相手に見せてくださいね。

正しい荷物受取所なのに、それでも荷物が出てこないときは、

Excuse me. My baggage hasn’t come yet.
(すいません。私の荷物が出てこないのですが)

と言っておきます。ここで相手はフライトナンバーを聞いてくるので、ナンバーを言うか、搭乗券を相手に見せておけばOKです。

これでたいていは見つかるのですが…

もし、何かの手違いで自分の荷物が別の空港に行ってしまっていたら…

もちろん、空港の職員さんが緊急に手配してくれるのですが、荷物の到着が翌日になることも時々ある話です。

そんなときは、自分が利用した航空会社のカウンターに言って、さっそく文句を言ってみましょう。

Excuse me. My baggage has gone to another airport,and arrival will be tomorrow. Do you have any support for this?
(すいません。私の荷物が他の空港に行ってしまったようです。 到着は明日になるそうですが、何かサポートはしてくれますか)

私の友人なのですが、これと全く同じ目にあってしまい、なんと、ホテル一泊を無料で提供してもらったようです。ラッキー!

Review (復習)

それでは復習しておきましょう。

◆正しい荷物受取所かどうかを聞くとき
「Excuse me. Where is the baggage claim area for this flight?」
(すいません。このフライトの荷物受取所はどこですか)

◆それでも荷物が出てこないとき
「Excuse me. My baggage hasn’t come yet.」
(すいません。私の荷物が出てこないのですが)

◆利用した航空会社にサポートを要請するとき
「Excuse me. My baggage has gone to another airport and arrival will be tomorrow. Do you have any support for this?」
(すいません。私の荷物が他の空港に行ってしまったようです。到着は明日になるそうですが、何かサポートはしてくれますか)

まぁ、めったにこんなことはないのですが、ここで紹介した英会話をしっかりと覚えておいて、アタフタすることなく対処するようにしておきましょう!


PAGE TOP