座席を移りたいのですが…

座席を移りたいのですが…

飛行機経験が多い方などは、周りの状況を見て、座席を移ることがよくあります。

たとえば、機内がそんなに混んでいないとき、でも、あなたの隣には誰かが座っている。

こんなとき、皆さんはどうします?

まわりはガラガラなので、座席を移った方が良いですよね?

長距離のフライトだと、せまい座席で窮屈にしているより、2人分の座席を一人で独占した方が快適ですしね。

しかし、日本人観光客の場合、なかなか遠慮してしまうらしく、座席を移りたいのに申し出ない人が多いのだそうです。

別に遠慮する必要なんかありませんよ。

周りがガラガラなら、席を移っても誰にも迷惑をかけませんしね。

そこで、アテンダントに座席を移りたい気持ちを英語で伝えてみましょう

「Excuse me. I would like to move to another seat?」
(すいません。座席を移りたいのですが)

と言っておけば問題ないですね。

ただし、こんな状況を想像してみてください。

あなたの横に座っていた人が、アテンダントに席を移りたいと申し出たとき…

あなたはどう感じますか?

まぁ、深く考える必要はないのですが、なんとなく「何かしたかな…?」と思ってしまいますよね。

ですので、座席を移りたいときには、さりげなく横に座っている人に「心意気」を見せておきましょう(笑)

「There are many unoccupied seats. I need bigger space to sleep.」
(空いている座席がたくさんありますね。眠りたいのでもっとスペースが欲しいな)

別に何もいわなくても黙って移動すればよいのですが、どうしても気になる場合はこう言っておけば問題ないでしょう(笑)

また、アテンダントに確認を取らなくても、空いていれば勝手に移動しても構わないのが一般的です。

もし移った座席が他の人のものなら、その時に「sorry」とでも言って離れればいいのです。

ちなみに、「Taken?」という表現は便利ですよ。

「この座席、誰か座ってますか?」という意味なのですが、相手が「No」と言えば誰も座ってないことになり、そこに座っても良いということです。逆に相手が「Yes」と言ってきたら、誰かがそこに座っているということなので、勝手に座ってはいけません(笑)

それでは復習しておきましょう。

Review (復習)

◆座席を移りたいことを伝える
「Excuse me. I would like to move to another seat?」
(すいません。座席を移りたいのですが)

◆横に座っていた人への気遣い(笑)
「There are many unoccupied seats. I need bigger space to sleep.」
(空いている座席がたくさんありますね。
  眠りたいのでもっとスペースが欲しいな)

◆「ここ誰か座ってますか?」という意味の便利な表現
「Taken?」
※相手が「No」と言ったら座ってOK。
逆に「Yes」だったらダメということになります。

では、機内での楽しい時間も終わり、
さっそく空港での英会話を見ていきましょう!


PAGE TOP